from-aのブログ

秋田県秋田市にある印刷会社のフロム・エーです。

正解がわからない・・・

こんにちは。

営業部五嶋です。

 

さて今日は男鹿市船川のグルメストアフクシマさんに行ってきました。

ちょっと相談事があって伺ったのですが、

それとは別に今回のコロナの件で飲食業界や観光業界をはじめ

秋田にも様々な影響が出てきている中、フクシマさんのお店も

どうなっているか気になっていたのです。

 

f:id:from-a:20200404174335j:plain

 

めっちゃお客さんいる!

 

写真に写らないところにもたくさん車が停まっているし、

お店の中もお客さんであふれていました。

 

最近の状況を聞くと、やはりイベントなどの中止は多く、

お弁当などの注文も減っているとのこと。

ただ、東京など関東圏が今やロックダウン寸前であるという状況を見て、

そちらに住んでいる知り合いや家族に食料を届けたいという

お客さんが多いそうです。

 

今のこの時期、お店は大声でお客さんに「来てください」とは言いにくいし、

消費者も出かけて行っていいものか迷うと思います。

 

私個人としては、大好きなお店がコロナのせいで無くなってしまうのは

絶対イヤなので、いち消費者としてお店にはこうやって足を運びたいと

思っています。

もちろん手洗いや消毒など自分でできる予防策はしっかりとして、

まわりに迷惑をかけないようにした上でです。

 

それでもウイルスに感染したり、させてしまったりしまったときは

どうするのかと言われると言い返せません。

 

秋田も「自粛」ではなく「外出禁止」になったときは

どうすることも出来なくなりますが、少なくとも今は「買い支え」が

自分にできることだと思って行動しています。

 

皆さんはこんなときどのように行動しますか?

正解のない今、一人ひとりの信念ある行動が求められると思います。

 

                          営業部 五嶋 孝章

 

厳しい状況です。

こんにちは。

営業部五嶋です。

 

思い出したように更新しました。

ヒドいものです。もう開き直りましたが、とにかく更新しなければ!と思いました。

 

さて、新型コロナウイルスですがいよいよ大変なことになってきましたね。

(「COVID-19」という名称が浸透しなさ過ぎ)

東京は不要不急の外出を自粛要請。

ロックダウンとまではいきませんが、かなり厳しい状況のようです。

 

この記事を書いている段階では今さら感は否めませんが、

マスクがありません。皆さんどうしているのでしょうか?

あらかじめストックを用意していた?何回も繰り返し使っている?

いろいろ工夫されているのでしょうね。

 

マスクもないのですが、私が気になったのは……

 

鬼滅の刃」が無い!

 

と、いうことです。

街の本屋さんに鬼滅の刃が無いのです。

f:id:from-a:20200328170525j:plain

↑これです。

 

今やアニメも大人気、「鬼滅キッズ」なる、にわかファン小学生が

街にあふれているとの噂です。

私はほぼコミックス全巻所有しているのですが、姪っ子(鬼滅キッズ)から

貸してくれとの要請を受け、本棚を確認したところ13巻が欠番している。

はてと思ったのですが、買って補充してから貸してあげようと思い

近場の本屋さんへ行ったのですが、無い!まったく無い!

他にも何件か回ってみたのですが、無い!まったく無い!

置いている気配も無い!

 

書店員さんに尋ねたのですが、

私「鬼滅の刃は無いのでしょうか?」

書店員「すいません、在庫を切らしておりまして…」

私「入荷の予定はないのですか?」

書店員「すいません…」

とのこと。

 

すごい人気。

一冊も無いってことあります?

 

姪っ子にはもう少し我慢してもらうしかないようです。

 

                             営業部 五嶋 孝章

 

もうこんな時期だー!

皆様こんにちは。

営業部五嶋です。

 

最近ブログの更新が滞り、情けない限りです。

こういうのはクセとして身体に叩き込まないと、

何かと理由をつけてやらなくなるものです。

いけませんね。

今後はもっとちゃんと更新していきたいと思っています。

 

さて、このブログを書いている今は7月31日。

明日から8月です。

 

8月といえば、そう!竿燈祭りです!

もうそんな季節なんですね。本当に毎年思いますが、去年の竿燈が

ついこの間のことのように思えます。

 

今年も当社で秋田市大町神明社の境内をお借りし、露店を出店いたします。

 

しかし今年はいろいろなご縁があり、境内のスペースをシェアして

ともに出店してくださる方とお知り合いになれました。

H.O.M.E.S(ホームズ)の小林さんという方です。

https://akita.keizai.biz/headline/2987/

飲食系が本職の方なので、我々よりもよっぽど経験値があります。

お互いに協力し合ってなんとしても成功させたいです!

 

小林さん、何でも今回は「レモンサワー横丁(仮)」と銘打って出店するとのこと。

我々は「コットンキャンディソーダ」を販売します。

f:id:from-a:20190731124710j:plain

どちらも暑い夏にピッタリの爽やかメニューです。

 

 

皆様も秋田竿燈まつり(8月3日~6日まで)にお越しの際は

大町神明社へぜひお立ち寄りください。

 

営業部五嶋でした。

                             営業部 五嶋 孝章

10連休は長い!

こんにちは。

営業部五嶋です。

 

元号が令和になり早一週間、怒涛の10連休となったGWも明け、

ようやくいつもの日常に戻ってきた感じがする今日この頃です。

皆様はどのようにGWを過ごされたでしょうか。

 

私はザックリ前半は旅行、後半は子供のスポ少といった感じでした。

「まぁ終わってみるとあっという間でしたね~」などという平凡な感想ではなく、

 

「長ぇ!」

 

の一言に尽きます。

10日は長いっすよ~。

 

やることないとは言いませんが、なんか気持ちや身体がダレてしまうような気がして

後半はソワソワしてました。

 

歴史的な出来事を挟んだこともあり、いろんな意味で記憶に残るGWには

なりましたけどね。

 

さて、GWが終わるとあっという間に夏が来ます。これ毎年言ってますね。

けど実際あっという間。これはGWの10連休よりはるかに体感あっという間です。

夏が大好きな私としてはこれからが楽しみな季節です。

 

皆様も季節の変わり目、寒暖差で体調など崩されませんようお気をつけください。

 

あ、次回4月の読書報告をします。(←遅い)

営業部五嶋でした。

                       

                             営業部 五嶋 孝章

 

 

もう4月…やってもうた

こんにちは。

久々の更新です。

大変申し訳ないです…。

 

2月、3月といろいろなことがあったような、

とはいえ特筆すべきことは無かったような…。

とにかくあっという間に4月です。

 

さて、最後に更新した1月のブログには、

目標に掲げた「月に1冊の読書」の一発目の報告を書きました。

 

2月、3月、読書はしました。

許されるものならば、ここで一気にご報告したいと思います。

 

まずは2月。

f:id:from-a:20190409171806j:plain

 言わずと知れた「AKIRA」です。

マンガです。

 

それで「1冊」にカウント!?と思った方、さすがにそれを良しとはしません。

AKIRA」は全6巻ですが、全て購入しました。

中古全巻セットで6,500円。(ぐはぁっ!)

 

なかなかのボリュームで、一ヶ月かけて3回読み直しました。

内容はここでわざわざ説明しませんが、物語の舞台背景がなんと

東京オリンピックを来年に控えた2019年!

連載が開始されたのが1982年ですので、その頃から作者の大友克洋先生は

現在(2019年)の日本を想像して描いていたのでしょうか。

 

まぁなんといってもその画力!

崩壊していくビル群の細部まで描いた場面は30年以上も前のマンガとは

思えません。

また、アニメ化された映像も一見の価値があります。

ブルーレイ版としてリマスタリングされたAKIRAは鳥肌モノかと。

 

などと書いているといつまでも話が終わりませんね。

もともとAKIRAは好きで小さい頃から友人の家で読んでいたのですが、

あのドデカい単行本を買う勇気と財力がなく、あの表紙のイラストや

巻毎に異なる鮮やかな色が小口に施された装丁は子供ながらに憧れの対象でした。

 

これを機に大人買いできて正直ホクホクです。

本来の「月に1冊の読書」とは少しずれたかもしれませんが、いいんです。

 

AKIRAの話だけでこんなになってしまいましたので

3月の報告はまた別の機会にします。

ただでさえ事後報告なのにすいません。

 

ではまた。

営業部五嶋でした。

 

                              営業部 五嶋 孝章

1月の読書

皆様、こんにちは。

営業部五嶋です。

 

最近体調を崩したり、酒に飲まれて二日酔いで死にそうな目にあったり、

自分の身体をうまくコントロールできていない気がします。

 

例えば何も考えずに日々の仕事を黙々とこなしていれば

どんなにメンタルが楽だろうと思います。

 

しかし誰もが「何も考えずに」仕事しているはずもなく、

私も、仕事以外のことに思考が持っていかれて

いつも以上にストレスがたまっている実感があります。

 

巷ではインフルエンザが猛威をふるっておりますので、

このようなときに罹患してしまうものかもしれませんね。

気をつけなければ。

 

さて、前回のブログで「一ヶ月に一冊は本を読む」という目標を掲げた私。

1月の本は何を読んだのか。

コレです。↓

f:id:from-a:20190128175541j:plain

 

とりあえずTUTAYAに行って本のコーナーをうろつき、

とりあえず売れ筋の平積み本を一通り見てみました。

そこで目が合ったのがこの二人だったわけです。

 

正直堀江さんは個人的にあまり好きではなかったです。

西野さんもまぁ…特別好きでも嫌いでも…という感じ。

それでもタイトルに不思議と惹かれて買ってしまいました。

 

読みやすい文量でしたので、サクッと読了。

結構共感する部分がありました。

著者が著者だけに、好き嫌いは分かれそうですが、

冒頭に言ったストレスに対して、立ち向かっていくマインドセット

この本に書かれているのかなと。

 

この手の本を読むのは初めてでしたが、

読んでよかったと思います。

やっぱり読書の目標を掲げてよかったです。

さて、次は何を読もうかな…

 

次回もきちんと読んで報告します。(自分への義務)

営業部五嶋でした。

 

                            営業部 五嶋 孝章

 

 

 

 

新年の抱負

どうも、営業部五嶋です。

 

さて、2019年が始まり一週間が過ぎました。

本来であれば元日に心を静め、厳かに誓うべきであろう新年の抱負。

 

まったく考えていませんでした。

 

言い訳するつもりはありませんが、

1月1日の夜からまるっと二日間ほど、体調を崩し寝込んでいたのです。

とんだ幕開けとなった新年ですが、さりとて遅ればせながらも

何か掲げられるような目標はないか……そのように考えたところ。

 

あっ!

 

そういえば昨年末にとある方面に向けて「新年の抱負」を

発表していたことを思い出しました。

 

それは、

「一ヶ月に一冊は本を読む!」

でした。

 

大した抱負でもないですねー。

「本」としか言わずにボカシた感じも癪にさわります。

 

まぁとりあえずは地面スレスレくらいの低いハードルから

超えていくということで。

 

皆様も何か小さなことでも目標を作ってみるのはいかがでしょうか。

やるなら今!

 

営業部五嶋でした。 

 

                             営業部 五嶋 孝章