読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

from-aのブログ

秋田県秋田市にある印刷会社のフロム・エーです。

油断大敵

こんにちは。

営業部五嶋です。

 

さて、4月ももうすぐ終わりですね。

秋田は先日ようやく桜が咲いたと思ったら、天気の崩れもあって

もう花びらがはらはらと散り始めております。

さみしいですね。

 

f:id:from-a:20170426122620j:plain

これは先日近所の神社で咲いていた桜です。奇跡的に快晴で、

きれいな桜が見られました。

 

 

さて、話しは変わって、先日わたくし体調を崩しまして、

久しぶりに(本当に何年かぶりに)39度台の高熱を記録しました。

身体が燃えるように熱かったです。

一瞬、「インフルか?」と肝を冷やしましたが、

医師の診断は腸炎ではないかというものでした。

 

ようやく熱も落ち着いてきて、仕事を再開しておりますが、

いやまあ、キツいですね。病気というのは。

月並みな言い方ですが、健康のありがたさが身にしみました。

 

これから暖かくなり、なんとなく風邪なんかとは縁遠くなりそうなイメージですが、

いやいや、油断大敵、いつでも身体を気づかって生活したいものです。

 

営業部五嶋でした。

                              営業部 五嶋 孝章

 

 

まだまだ知らないことばかり

こんにちは。営業部五嶋です。

 

昨日恒例の勉強会に参加してきました。

今回のテーマは「広報・広告の活用について」でした。

 

広報・広告と言ってもそのやり方は様々ですが、

我々中小企業には「大手企業が盛大な予算をかけて行うもの」という

イメージがあり、自社の広告、つまりはPRを軽視する向きがありました。

 

ところが最近では、SNSの普及も後押しして中小企業でも工夫を凝らして

自社のPRを積極的に行うようになってきています。

ただ、近年その「手段」の増加に「使い手」が追いついておらず、

トラブルが起こることもしばしばで、広報・広告の活用における注意点も

しっかり押さえておかなければいけないということも教わりました。

 

当社も印刷という方法でお客様の発展をお手伝いしているという立場上、

今回のテーマは深く考えさせられるものでした。

常に世の中の動向に目を向けて、勉強を続けなければなりません。

今回の勉強会も非常に有意義なものになりました。

 

 

と、ここまでが勉強会のお話。

その後の懇親会はというと。。。

f:id:from-a:20170421090855j:plain

f:id:from-a:20170421090938j:plain

 

キタ!

炭火で焼いた焼き鳥と厚切り牛タン!

串のレバーなんてとろけましたよ、口の中で!(倒置法)

 

これと芋焼酎ロックをやりまして、もうたまりませんでした。

 

お店は「まる川反」

https://tabelog.com/akita/A0501/A050101/5004885/

 

最後はやっぱり食べ物の話で終わっちゃいました。

このお店も初めてで、世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあるなぁ、と。

 

ではまた。

 

                             営業部 五嶋 孝章

何やらごにょごにょ・・・

やっておるようです。

f:id:from-a:20170405083346j:plain

 

これでは何だかわかりませんね。

仕方ないのです。今はまだ詳細をお伝えする事が出来ません。

 

ただ、慎重かつ大胆に、何かを進めていることは確かです。

新しいモノを生み出すのは大変な苦労がありますが、

どのように展開していくかを想像するととてもワクワクしますね。

現在担当者が目下試作を重ねているところ。

 

一体何が出来上がるのやら・・・

 

また追ってご報告いたします。

営業部五嶋でした。

 

                             営業部 五嶋 孝章

 

 

 

春はまだか

今日は日中雪が降りました。

みぞれだったり、あられっぽかったり、いずれにしてもしっかりとした、

どっさり積もりそうな雪ではありません。

 

ただまあ、雪が降るってことはそれなりに寒いわけでして、

東京あたりでは桜が咲いたとか聞くと、やはり秋田は北国なのだなーと

思うわけです。

これはしんしんと雪の降る冬のど真ん中よりも、

「春の訪れが遅い」とか、「冬の訪れが早い」といったタイミングにこそ

「秋田は北国なのだなー」を感じるような気がします。

 

・・・さておき、

今回の写真、ヒドイですねー。

べちゃべちゃの雪が降ってきて、納品したいのに今車出たら何もかも

濡れちゃうよ、まいったねどうも。の写真なのですが、

伝わらないか―。。

降る雪がまったく捉えられていない!

f:id:from-a:20170324194245j:plain

 

まだこんな気候が続く秋田ですが、確実に春は近付いてきています。

世は年度末、慌ただしい時節ですが、季節の変わり目、

皆様もお身体には気をつけていただければと思います。

営業部五嶋でした。

 

                           営業部 五嶋 孝章

あれから6年。

いやー、忙しさにかまけて2月はブログ更新ゼロでした。

ついにやってしまいましたね。反省です。

 

ですが、本日ばかりは更新いたします。

 

3月11日、忘れもしない東日本大震災から本日で6年の歳月が経ちます。

被災地の復興は着実に進んでいる、とか、被災者の方々からすれば

全然進んでいないとか、さまざまな意見があると思います。

 

原発の存在も未だに現地の人々には身近な問題でしょうし、

何よりも、失った命や、心の傷は決して癒されるものではないと思います。

 

実際に被災していない身としては、これ以上何も言えた立場ではないのですが、

ただこの未曽有の大災害から感じたことや、

日々普通に生活できていることに対する感謝を忘れず過ごしていきたいと

あらためて思います。

 

 

もうすぐ14時46分です。

 

 

これからも変わらず仕事ができる喜びをかみしめてがんばりたいです。

営業部五嶋でした。

 

                              営業部 五嶋 孝章

屋内スポーツ!

こんにちは。営業部五嶋です。

 

さて、昨日は秋田県長寿社会振興財団(LL財団)主催の

「ニチレクボール親睦大会」が開催され、裏方スタッフとして

大会のお手伝いに行って参りました。

 

参加者は60名ほど。みなさんとても元気で、この大会を楽しみにしていた

ようでした。

f:id:from-a:20170119082945j:plain

 

ちなみに「ニチレクボール」とは何か?ということですが、

そもそもみなさん、「ペタンク」ってご存知ですか?

ペタンクとは…

 

…というものです。

 

出た!久々のウィキ丸投げ!

まあOKでしょう。

 

さて、「ニチレクボール」というのは、このペタンクの屋内版といった感じの

スポーツです。まあ道具や厳密なルールは異なりますが。

天気の状況や、屋外に出ていけない理由がある人にとっては、ペタンクに比べ

より気軽に楽しむことのできるものになっています。

 

道具はこんな感じ。 

f:id:from-a:20170119083805j:plain

本来は鉄の球を用いるのですが、こちらでは赤と青の柔らかい素材でできた

軽いボールを使用します。

 

f:id:from-a:20170119084240j:plain

競技中の様子。

私はペタンクはやっていますが、ニチレクボールは未経験です。

今日はお手伝いなのでプレイはしませんでしたが、やはりペタンクとは勝手が違う

ように見えました。

 

今年はねんりんピック秋田2017が開催されます。

高齢者のみなさんは今から大会に向けて余念が無いようです。

楽しく、けれど勝敗にはこだわり、熱い試合を繰り広げておりました。

 

実は当社は「秋田県ペタンク連盟」の事務局を運営しております。

もしペタンクに興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

秋田県ペタンク連盟

 

寒い季節もスポーツで元気に!

基本インドア派の五嶋でした。

 

                             営業部 五嶋 孝章

 

2017年スタート!

皆様、あけましておめでとうございます。

旧年中は当社をお引立ていただきありがとうございました。

本年も、お客様に必要とされるような企業を目指しまい進してまいりますので

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

さて、写真は獅子舞の獅子頭になりますが、これは当社の社長が25年にわたり

続けてきたライフワークの一つであります。

f:id:from-a:20170106182052j:plain

秋田市大町商店街にある、大町神明社に奉納されている縁起獅子舞で、

毎年1月3日に商店街を始め、老人ホームへも獅子舞をしに行きます。

私も数年前からお手伝いしておりますが、これがなかなかの重労働。

獅子の頭(前)とおしり(後)の二人一組で動く獅子舞。

前は前で獅子頭が重く、後の人は前が見えない中、長時間腰をかがめなければならず、

ちょっとの時間で汗だくになります。

 

商店街も、年々人もお店も減っていく中、これから先この獅子舞をずっと

続けていくにはどうしたらよいか、不安がつきまとうのですが、

上に述べた老人ホームを訪れた際、おじいさんおばあさんが手を合わせて

迎えてくれて、毎年楽しみにしていると言ってくださったときに、

誰かに必要とされている以上、簡単にやめるわけにはいかないと強く感じたのでした。

 

 

長くなりましたが、当社も地域の皆様、お客様、社員、家族、色々な人に

支えられて存在しています。

冒頭に申し上げた通り、そういった人たちに必要とされ続けていくことが

当社の存在意義なのではないかと思うのです。

 

2017年もいろいろな事にチャレンジし、驚きや発見、試行錯誤を繰り返しながら

頑張っていこうと思いますので、皆様、引き続きフロム・エーを

よろしくお願い申し上げます。

 

                            営業部 五嶋 孝章